もぐてっく

人は1つ歳を取る度、1ビットづつ大きくなれると信じてた。

時間が!Linuxサーバが!スキルが無くても大丈夫!たった5分でオンプレミスにGitHub的なサービスを立ち上げる方法 ~GitBucketすげー!~

こんなお悩みないですか?

  • チームのためにGitHubみたいなソース管理のソリューションが欲しいけど、Linuxのインストール&Nginxの設定&MySQLの設定&PHPの・・・きぃぃぃぃぃ!そんなのやってる時間無いわよ!

  • 社内ディストピアには(情シス部門が管理しきれない)Linuxサーバなんて無いわよ。この前試しにWindows PCでモダンなサービスを動かそうとしたら地獄を見たわよ。

  • そもそも構築できたとして、こんなOSSで出来た砂の城を誰も保守できないわよ!脆弱性を放置した挙句ハッキングされて懲戒解雇されるのが目に見えてるわよ!!

ちくしょう!転sy・・・くっ!住宅ローンがそれを許さない!

的な悶々とした日々を送ってました。

そんな僕に天使が舞い降りた

ある日、なんとなく社内サーバの「情シス承認済みフリーソフト」のフォルダを覗いてたらGitBucketなるフォルダを発見。

戯れにフォルダの中身を開いて見ると、そこにあったのはJavaサーブレットgitbucket.warたった一つ。

お?これJavaだからWindowsでも動くんでは?そして最近のwarファイルってTomcatが内蔵されてたりするし、もしかしてjavaコマンドでロードすれば動くんでは?

試しに手元のWindowsで実行・・・うわ動いた。

しかも動作は軽快。GitHubにある各種機能が完備。 保守も定期的に最新のwarファイルを入れ替えてけばOK!

数年来の悩みが5分で解決しちゃったよ。

ほんとに誰でも5分で出来るんです

ダウンロード

GitHubのGitBucketリポジトリからgitbucket.warをダウンロードします。 https://github.com/gitbucket/gitbucket/releases

Javaをインストールしていないなら、JREもダウンロードしてください。 https://java.com/ja/download/

実行

コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。

java -jar c:\Users\moguno\Downloads\gitbucket.war

たったこれだけで準備完了。凄いっすよね!

使ってみる。

IEかEdgeでhttp://localhost:8080にアクセスしてください。

そこには夢にまでみたモダンなソース管理サービスが!

f:id:moguno:20200412221956p:plain

ちなみに管理者ユーザーはroot。パスワードもrootです。

注意

GitBucketはDBとしてH2と言う内蔵の簡易的なRDBを使っていますが、本格的に運用するならMySQLとかPostgreSQLとかを使う様にした方が良いみたいです。