もぐてっく

人は1つ歳を取る度、1ビットづつ大きくなれると信じてた。

mikutterプラグインマネージャ "Packaged"

何これ?

mikutterのプラグインをお手軽に管理するための外部ツールです。
下記の機能があります。

インストール

GitHubからzipファイルをダウンロードして適当なディレクトリに展開して下さい。

moguno/mikutter-packaged · GitHub

minitarが必要なので、gemからインストールしておいて下さい。

使い方

./packaged

起動しない場合はRubyインタプリタ指定で起動して下さい。

(お使いのRubyのパス) packaged

ローカルプラグインの管理ダイアログ

起動直後はこの画面が表示されます。

f:id:moguno:20140831132557p:plain

プラグイン一覧

インストール済みのプラグインの一覧です。

  • 有効

インストールされており、mikutterが認識可能な状態です。

  • 無効

インストールされているが、mikutterが認識出来ない状態です。
プラグインがいるディレクトリ名とプラグインのslugが一致しない場合にこの状態になります。

  • 管理外

specファイルが存在しないためPackagedから管理出来ないプラグインです。
(specファイルを書きましょう。)

「インストール」ボタン

クリックするとプラグインのインストールダイアログが開きます。

「有効化」ボタン

無効状態のプラグインを有効化します。

「無効化」ボタン

有効状態のプラグインを無効化します。
この操作を行うと、プラグインのディレクトリ名を__disabled__プラグインslugにリネームします。

プラグインのインストールダイアログ

f:id:moguno:20140831133256p:plain

GitHubリポジトリ検索ボックス

プラグイン作者のGitHubユーザ名をキーに、GitHub上のmikutterプラグインの一覧を検索出来ます。

GitHubプラグイン一覧

指定したユーザのmikutterプラグインが表示されます。

  • 未インストール

まだインストールしていないプラグインです。

  • インストール済み

既にインストールしているプラグインです。

  • 「OK」ボタン

リポジトリを選んでOKボタンを押すとプラグインがインストールされます。