もぐてっく

人は1つ歳を取る度、1ビットづつ大きくなれると信じてた。

RSSをデータソースに出来るmikutterプラグインを作ったよ。

何これ?

RSSフィードを抽出タブのデータソースに追加します。

mikutterの抽出タブを使うとTLやメンションなどのデータソースを束ねたり、必要なメッセージのみを抽出したりして独自のTLを作る事が出来ます。

mikutterの今後のバージョンでは「保存された検索」や「リスト」がデータソースとして再実装される可能性があり、より自分好みのTLが構築出来る様になりそうです。

Twitter外のサービスをサポートする場合も、独自のタブを作るよりこの流れに乗っかった方がアツいなと思って、手始めにRSSをデータソースにしてみました。

インストール

moguno/mikutter-datasource-rss · GitHub

~/.mikutter/plugin/にmikutter-datasource-rssってディレクトリを作って中身を展開して下さい。

使い方

こんな感じで抽出タブにRSSフィードを流し込める様になります。

f:id:moguno:20140810163730p:plain

設定

抽出タブ

f:id:moguno:20140810163918p:plain

データソースが11個増えます。

RSSフィード1〜10を纏めたものです。

RSSで設定したRSSフィードです。

RSS

f:id:moguno:20140810164225p:plain

  • URL

RSSフィードのURLを指定します。

  • アイコンの色

エントリーに表示されるRSSアイコンの色を指定します。

  • RSS取得間隔(秒)

WebサイトからRSSを取得(ポーリング)する間隔を指定します。速くしすぎるとDoS攻撃と勘違いされたりもなきにしもあらずなので、それなりに間隔を取って下さい。

  • メッセージ出力間隔(秒)

RSSのエントリは一定間隔で抽出タブに出力されます。その間隔を指定します。

  • 一定期間より前のフィードは流さない(日)

指定したより古いエントリを表示しない様にします。

  • 新しい記事を優先する

チェックするとエントリの日付が新しい順に出力します。

  • ループさせる

チェックすると、RSSフィードのエントリを全て表示し終わった後にまた始めから表示を始めます。