もぐてっく

人は1つ歳を取る度、1ビットづつ大きくなれると信じてた。

ルータのボタンをワンプッシュ!Raspberry Pi Zero WのWifi接続を簡単に切り替える方法

第1回 全日本ラズパイゼロW争奪戦に運良く勝利して、Raspberry Pi Zero Wを手に入れました。

普段はPimoroniのScroll pHat HDを装着して、無線ルータ経由で為替とか明日の天気とかを取ってきてだらだら流しています。
結構実用的です。

f:id:moguno:20170830221018p:plain:w350

これをテザリングしたスマホに接続して飲み会でデモ(ドヤぁ!ええやろぉ!)をしたかったのですが、いちいちRaspberry Pi Zero Wにコンソールを繋いでWifi設定を変更するのが面倒でした。

なので、WPSを使ってWifi接続を簡単に切り替えられる仕組みを作ることにしました。

WPSって?

Wi-Fi Protected Setup - Wikipedia

ざっくり、ルータと端末の「WPSボタン」を押すことで、両者を設定なしで接続してくれる仕組みです。

しかしながら、Raspberry Pi Zero Wにはボタンみたいな入力デバイスは付いていないので、Raspbianの起動時に、WPSボタンを押したのと同等の状態になるようにしました。

後はお好きなルータのWPSボタンを押すことで、Raspberry Pi Zero WとのWifi接続が確立すると言う寸法です。

設定

これはRaspbianのwithout Desktop版用の設定です。

NICの設定

まずWifiアダプタwlan0を設定します。

/etc/network/interfaces
・・・
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet dhcp
    wpa-conf /opt/wps/etc/wpa_supplicant/for_wps_button.conf
/opt/wps/etc/wpa_supplicant/for_wps_button.conf
ctrl_interface=/run/wpa_supplicant

普段はやたら面倒なwpa_supplicantの設定ですが、今回はWPSが全てやってくれるので超シンプルですね。

Raspberry Pi Zero W起動時に、WPSボタンを押した感じにするスクリプトを実行する

/etc/rc.local
・・・
/opt/wps/bin/wps_connect.sh &
・・・

スクリプトの中身はこんな感じです。
Raspberry Pi Zero WのLEDを操作して、WPS接続待ちであることが視覚的に分かるようにしました。

/opt/wps/bin/wps_connect.sh
#! /bin/sh

# LEDを100ms周期で点滅させる
echo timer > /sys/class/leds/led0/trigger
echo 100 > /sys/class/leds/led0/delay_off
echo 100 > /sys/class/leds/led0/delay_on

# WPSボタンを押す
/sbin/wpa_cli -i wlan0 wps_pbc

# 5秒周期でWifi接続が確立したかチェックする
while sleep 5;do
	STATUS=`/sbin/wpa_cli -i wlan0 status | grep wpa_state= | cut -d = -f 2`

	case $STATUS in
                # 接続失敗
		INACTIVE)
                        # もう一度WPSボタンを押す
			/sbin/wpa_cli -i wlan0 wps_pbc
			;;

                # 接続成功
		COMPLETED)
                        # LEDを点灯に戻して終了
                	echo "mmc0" > /sys/class/leds/led0/trigger
			exit 0
			;;
	esac
done

使い方

  • Raspberry Pi Zero WにUSB電源を接続してしばらく待つと、オンボードのLEDが短い周期で点滅し始めます。
  • すかさず、ルータのWPSボタン(各社呼び方がバラバラみたいです)を押したり、AndroidスマホWifiテザリング設定画面にある「WPSプッシュボタン」をタップしたりします。

f:id:moguno:20170830220945p:plain:w350
f:id:moguno:20170830220859p:plain:w350

  • 10〜20秒程度でWifi接続が確立し、オンボードLEDが点灯状態になります。

Vimでかっこいいコマンド補完を出す方法

Ubuntu17.04でvimを起動したら、なんか格好いい補完が出るじゃ無いですか。
これはメインマシン(macOS)にも制式採用せねばと、設定を調べました。

f:id:moguno:20170502214550p:plain

set wildmenu
set wildmode=full

textbringer APIメモ

カーソルを動かす

Buffer::goto_line(行)
Buffer::goto_char(列)

goto_char()に1行の文字数以上の値を渡しても、次の行には行かない。

モードラインをナウくする

Face.define(:mode_line, foreground: "blue", background: "#FFFF00", bold: true, reverse: false)

f:id:moguno:20170411233334p:plain

foreground、backgroundにはこの他にCurses::COLOR_BLUEとかColorオブジェクトのインスタンスも渡せるっぽい。

textbringerで時計マクロを書いてみた

textbringerで非同期な処理はどう書けばいいかな?と思って、試しに時計を作ることに。

非同期処理はスレッドを勝手に立てればいいとして、気になるのはオレオレスレッドとUIスレッドとの通信手段です。

GUIツールキットはシングルスレッドを前提に設計されているものも多く、別スレッドから無理に操作をすると、誤動作したりバカよけの例外が発生したりします。
そのため、別のスレッドからUIスレッドに指令を出す「スレッド間通信」が必要になるわけです。

textbringerでは、任意のブロックをUIスレッドで実行してくれるController::next_tick()と言うメソッドが用意されていました。バッチリですね。
(mikutterで言うDelayerですね。)

と、言うわけでこんなコードを書いてみました。
ミニバッファを更新(UI操作)する部分を、next_tick()でUIスレッドにお願いしています。

Thread.new {
  loop {
    sleep(0.5)

    Controller.current.next_tick {
      message("#{Time.now}")
    }
  }
}

下の画像の通り、ミニバッファが時を刻み始めました。
非同期処理なのでキーボード入力など他の操作を阻害することもありません。いい感じです。

f:id:moguno:20170411015126p:plain

おまけ

next_tick()はわかったけど、お前の1tickってなんぼやねん?
=>実測してみましたが、1msっぽいです。

日本発のRuby製テキストエディタ!その名もtextbringer!のマクロを書いてみる

shugo.net

日本発のRubyテキストエディタtextbringer。

Emacsライクな操作性とRubyによる(度の過ぎた)拡張性が今後の大発展を予感させますね。

ちょっと遊んでみたので情報を残しておこうと思います。

GitHubからtextbringerをインストールして起動するまで

gemコマンドでインストールするのが最短ルートですが、ゆくゆくは本体をゴリゴリ触ってみたいのでGithubから持ってきます。

git https://github.com/shugo/textbringer
cd textbringer
bundle install --path vendor/bundle
bundle exec exe/textbringer

マクロを書く

~/.textbringer.rbってファイルが起動時に実行されるので、それにRubyコードを書いて行きます。

vi ~/.textbringer.rb 

注:当方vim

APIを探っていく

マニュアル類はなさげなので、ソースコード(lib/textbringer)を読み解いていきます。

バッファに文字列を挿入する

Buffer.current.insert("test")

最下段(ミニバッファ)に文字列を表示する

Utils::message("moguno")

f:id:moguno:20170408180732p:plain

コマンドを定義する

define_command(:test) {
  insert("test")
}

と書くと、

M-x test

で、バッファに"test"って文字列が挿入されます。
(M-xはEmacs語で「ESCキーを押して離してxキーを押す」ってことらしいです。)

このコマンドの書式。mikutterのcommand DSLに似てますね・・・あっ!

mikutterプラグインを動かしてみる

mikutter。知る人ぞ知るTwitterクライアントですね。

mikutter

プラグインRubyでお手軽に作れるので、なんか変なプラグインがゴロゴロしてるのが特徴です。

と言うことで、mikutterプラグインが使っているPlugin、Message、User、Serviceあたりのクラスをでっち上げて、mikutterのコピペ投稿プラグインを動かしてみました。
思ったよりもあっさり完動。

f:id:moguno:20170409012927p:plain

テキストエディタでヨドバシプラグインを動かす理由はこれから見出すとして、ルール無用でなんでもできちゃうところが、Ruby製プロダクトの魅力ですね。

まとめ

Emacsライクな動きがvim派にはキツイですが、「環境」と呼んで差し支えない大きな拡張性が魅力的です。
今後も触って行きたいと思います。

mikutter3.5のUserMixinでユーザーアイコンにスキンの画像を使いたいとき

UserMixinを混ぜ込んだ自作のユーザーモデルのアイコンを、みくったーちゃん(スキンのicon.png)にしたい場合です。

  • UserMixinは自身のprofile_image_urlフィールドをキーにして、Photo::PhotoからPixbufを得ている。なので、ユーザーモデルのprofile_image_urlにアイコン画像のURLを入れておけば良い。
  • みくったーちゃんスキン画像のURLはSkin["icon.png"].uri.pathで得られる(※)。

※Photo::Photoは"file://hoge/fuga.png"みたいなfile://スキームのURLが解釈できない(バグ?)ので、URI::path()を使って/から始まるUNIXパス形式で渡してやる必要がありました。ってこれまたWindowsでハマるパターンじゃん。。。


コード的にはこんな感じになります。

user = DashButtonUser.new_ifnecessary({
  :uri => URI.parse("dashbutton://singleton"),
  :name => "Amazon Dash Button",
  :idname => "Dashボタン",
  :profile_image_url => Skin["icon.png"].uri.path
})

たった1行!シェルスクリプトからAmazon Dash Buttonを使う

tcpdumpコマンドを使ってAmazon Dash Buttonのボタン押下を検出する仕組みを編み出しました。

どうやんの?

tcpdump arp and ether src ac:63:be:ba:09:4b -c 1

 arp    :ARPパケット
 and    :かつ
 ether src ac:63:be:ba:09:4b:発信元MACアドレスがDash ButtonのMACアドレス
 -c 1 :該当するパケットを1回検出したらtcpdumpを終了する。

Dash Buttonを押すとtcpdumpが上記のパケットを検知して終了するので、その後にお望みの処理をするシェルスクリプトを書く感じです。

#! /bin/sh

while true ;do
	ssh -i $2 root@localhost tcpdump arp and ether src $1 -c 1 > /dev/null 2>&1
	echo "ボタンが押されました"
done

Linuxとかでtcpdumpを動かすにはroot権限が必要です。
今回は普通のユーザーから使いたかったので、sshの公開鍵認証でパスワードなしにrootに昇格させることにしています。

おまけ:Dash ButtonのMACアドレスを調べる

moguno@dashbutton:~$ sudo tcpdump -e arp -c 1
tcpdump: verbose output suppressed, use -v or -vv for full protocol decode
listening on eth0, link-type EN10MB (Ethernet), capture size 262144 bytes

(Dash Buttonを押す)

09:11:06.876606 ac:63:be:ba:09:4b (oui Unknown) > Broadcast, ethertype ARP (0x0806), length 60: Request who-has 192.168.11.1 tell 192.168.11.13, length 46

ac:63:be:ba:09:4bがMACアドレスです。